2016年10月26日

電○のニュースに思うこと

某大手広告会社の過労死のニュースが注目されてますね。
就職したい企業ランキングで常に上位にいるような
超有名企業で起こった違法な長時間労働の果ての自殺という
ショッキングな内容と同時に、同じような事案が数年前にも
同社であったという事実が相当風当たりの強い状況を想像させます。

今日、こんな記事もありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-00050094-yom-soci

時間外労働の削減や子育てのサポートに関して一定の基準を満たした企業を
「子育てサポート企業」として厚生労働省が認定する制度がありますが、
同社がその認定を受けていたという内容です。
上限を超えた違法な時間外労働が発覚し労働基準監督署から是正勧告を
受けていた企業が「子育てサポート企業」に認定されているという矛盾。

とうきょう次世代育成サポート企業.jpg
当社は似たような制度である「とうきょう次世代育成サポート企業」に登録されてますが
認定機関はこういった制度の認定基準や実態の透明性を確保し、
その制度に恥じない運用をやってもらいたいものです。

posted by 山田 真裕 at 18:22| Comment(0) | ワークライフバランス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: