2014年11月21日

ワークライフバランス

ワークライフバランスって知ってますexclamation&question
ダイバーシティや男女共同参画などの言葉も似たような
意味合いで使われることがありますがちょっと違います。
一言でいえば、仕事と私生活の相乗効果を高める仕組みって感じかな。

今更ですが仕事の成果って、時間じゃないですよねexclamation&question
長くやったから良いってもんじゃない。
成果は時間という定量的なものの結果だけではなく
品質や付加価値といった定性的なものも重要です。
付加価値があっても時間が多くかかってたら競争に勝てないしがく〜(落胆した顔)
短時間でできてもそこに付加価値がなかったら勝負になりませんふらふら
高い成果を上げるために今、国が力を入れてるのがワークライフバランスです。
生産性の高い効率的な仕事をして、私生活も充実した毎日を送るという
諸外国では常識として浸透している考え方といえばいいのかな。

このワークライフバランスという考え方というか仕組みを企業に導入するなら
まず企業は、時間 = 成果という今までの古い固定概念から脱却した文化を構築し
社員が仕事と私生活を両立しながら働ける職場環境を提供する必要があります。
まぁここではワークライフバランスの細かな説明は割愛しますが
私、このワークライフバランスのコンサルタント資格を持ってますぴかぴか(新しい)

もちろんレボでもワークライフバランスを導入し、男性女性関係なく社員が
仕事と私生活を両立しながら働ける仕組みを日々見直してます。
余談ですが、ワークライフバランスのコンサルティング業もやってますので
導入をご検討の企業やご担当者様がいらっしゃればいつでも連絡下さいねわーい(嬉しい顔)


posted by 山田 真裕 at 22:35| Comment(0) | 会社